知っていて損はないフコイダンのこと

こんな万能な健康食品は今まであったろうか?フコイダンは癌も撃退する万能な食品だ

フコイダンの消化器官での働きについて

フコイダンは海藻類に多く含まれる高分子の多糖類で、昆布等におけるヌメリの主成分ともなっています。ヒトが食事やサプリメントの利用によって摂取すると、2つの働きを齎す事になります。
まず性質の1つとして、胃酸等の消化液によって分解されないという特徴があります。従ってそのままの状態で小腸にまで届きますが、ここでも高分子の性質の為に吸収する事が出来ません。故に小腸の免疫系がフコイダンを外敵と見做して、免疫細胞の活性を高める事となります。高まった免疫は分解不能のフコイダンでは無く、細胞の異常の抑止や過剰な分裂の阻止に向けて働く為、腸内環境の維持やガンの抑止に効果を齎す事になります。
そして大腸にまで到達した際には、食物繊維と同等の働きをする性質があります。その為、便通の活性化・老廃物の蓄積の解消・代謝の向上といった効果も齎される事になる訳です。

コンテンツ一覧

ページのトップへ戻る